製品情報

職業安定法の改正で変わった従業員募集の際のポイントとは?

日本全体であらゆる業種の人手不足が問題視される中、歯科医院さまでも人材紹介への求人申し込みやホームページ等で従業員の募集を行うなど、求人活動に苦心されているのではないでしょうか。

さて、「求人」といえば平成30年1月1日より、企業における従業員募集のルールが変更されました。これは、平成29年3月31日に成立した職業安定法の一部の改正を含む「雇用保険等の一部を改正する法律」によるものです。もちろん、歯科医院さまにおける求人活動においても同様に適用されます。

今回は従業員の募集を行う際の労働条件の明示等のポイントについてご紹介します。ぜひ、ご確認いただき、今後の対応へのご参考になさってください。

では、変更された求人ルールとはどういう内容でしょう。

具体的には、「求職者等が、労働契約の締結の前に、当該契約の中に、職業紹介・募集広告で示された労働条件と異なる内容等が含まれていないかどうか確認できるよう、求人者等に新たな明示義務を課すこととする。」というものです。

つまり、ハローワーク等へ求人申込みをする際や、ホームページなどで労働者の募集や求人広告を掲載する場合、労働契約締結までの間、求職者に対して労働条件を明示することが義務化されたということです。

最低限明示しなければならない労働条件等とは?

従業員の募集や求人申込みの際に、少なくとも以下の事項を書面の交付によって明示することが必要です。ただし、求職者が希望する場合には、電子メールによることも可能です。

記載が必要な項目と記載例

(出典元)労働者を募集する企業の皆様へ/厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000171017_1.pdf

さらに、当初明示した労働条件が変更される場合は、可能な限り速やかに変更内容について明示することが必要です。

変更した労働条件の明示はどのように行ったらいいの?

とは言っても、どのように労働条件を明示したらよいかと、戸惑う方もいらっしゃるのではないでしょうか。変更明示の方法についてご紹介します。

変更明示のタイミングと方法

○ 変更明示を行う場合でも、当初の明示を安易に変更してはなりません。学校卒業見込者等については、特に配慮が必要であることから、変更を行うことは不適切です。また、原則として、内定までに、学校卒業見込者等に対しては職業安定法に基づく労働条件明示を書面により行わなければなりません。

○ 変更明示が適切に行われていない場合や、当初の明示が不適切だった場合(虚偽の内容や、明示が不十分な場合)は、行政による指導監督(行政指導や改善命令、勧告、企業名公表)や罰則等の対象となる場合があります。

○ 変更明示が行われたとしても、当初の明示が不適切であった場合には、行政指導や罰則等の対象となることには変わりありません。

変更明示の留意点

○ 労働者が変更内容を認識した上で、労働契約を締結するかどうか考える時間が確保されるよう、労働条件等が確定した後、可能な限り速やかに変更明示をしなければなりません。

○ 変更明示を受けた求職者から、変更した理由について質問をされた場合には、適切に説明を行うことが必要です。

○ 当初明示した労働条件の変更を行った場合には、継続して募集中の求人票や募集要項等についても修正が必要となる場合がありますので、その内容を検証した上で、必要に応じ修正等を行うことが必要です。

(出典元)労働者を募集する企業の皆様へ/厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000171017_1.pdf

いかがでしょうか。ぜひ、ご紹介したポイントを活かしてスムーズな採用活動にお役立てください。

ところで、従業員の方に労働条件通知書をお渡ししていますか?

労働条件通知書イメージ

ここまでご紹介してきました職業安定法改正に伴うルール変更は、採用前の求人の際に対応するべき内容でした。

しかし従業員を採用する際には、「労働条件通知書」等で改めて書面にて労働条件を明示することが、労働基準法に定められていることはご存知でしょうか。

MICでは厚生労働省から提示されている書式をベースに、汎用的にご利用いただけるよう作成した労働条件通知書の書式ファイルをMIC WEB SERVICEサイト内の専用コーナーにて、ご提供しています。

他にも医院内で利用頻度の高い休日届や早退届など労務管理に必要な各種書類の書式もご用意していますので、ぜひ、ご活用ください。

数々の素材が揃う専用コーナーとはどんなもの?

DtooLメージ

歯科医院の受付や待合室など、患者さんへ向けたさまざまな案内を掲示されているのではないでしょうか。

しかし、掲示物の作成はことのほか大変な作業で、ついつい後回しになっていませんか。「制作できない」「時間がない」といった課題を解決するのが、院内掲示物ダウンロードサービス「DtooL(ディーツール)」です。

必要なファイルをダウンロードし、印刷するだけで、どなたでも簡単に掲示物の作成が行えます。

DtooLは2018年3月に素材を全面リニューアルし、新しく生まれ変わりました。院内の雰囲気にマッチする素材を続々と増やして行く予定ですので、今後のDtooLにもご期待ください。

  • MIC WEB SERVICEをお使いのお客様

    ご紹介の製品やサービスのお申し込み・お問い合わせは、MIC WEB SERVICEから行えます。

    MIC WEB SERVICE ログイン

  • MIC製品の導入をご検討中のお客様

    ご紹介の製品やサービスについてのお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームからお願いいたします。

    お問い合わせはこちら