「食育」の先駆者・村井弦斎

HOMEMIC FUN「食育」の先駆者・村井弦斎第9回:明治の「食」のスキャンダル-脚気論争-

第9回:明治の「食」のスキャンダル-脚気論争-

明治の「国民病」だった脚気

明治時代に多くの患者が出て、「国民病」と呼ばれていた病気があります。それは「脚気」。この病気にかかると、倦怠感や下半身のむくみやしびれなどの症状が起こり、ひどくなると知覚麻痺や歩行困難になり、心不全で死にいたることもありました。脚気は白米を多く食べるアジアで発生し、西欧では少ないため、当時の西洋医学には治療法や特効薬が存在しませんでした。その結果、大勢の日本人が脚気で命を落としていました。

現在でこそ、脚気はビタミンB1の欠乏症であることがわかっていますが、村井弦斎が『食道楽』を執筆した20世紀初めは、栄養素のなかで、まだビタミンそのものが発見されていませんでした。こうした事情から、脚気は明治の日本で、難病として非常に恐れられていたのです。

脚気患者が増えたのは、人々の生活水準が向上した江戸時代からだと言われています。しかも、地方ではごく少なく、大都市・江戸に多く出現したことから「江戸わずらい」とも呼ばれ、一種の贅沢病とも見られていました。地方の住民は普段、麦飯しか食べていなかったのに対し、江戸の人たちは麦を混ぜない米飯を食べていたので、脚気は白米が体内で腐るのが原因ではないか、という説もありました。

脚気予防に玄米を奨励した弦斎

一方、この“白米原因説”を頭から否定した人々がいます。当時、日本ではドイツ医学が主流で、東京帝国大学医学部を頂点とする学閥社会でしたが、その医学者たちが“脚気伝染病説”に固執したのです。陸軍軍医総監にまで上りつめた森林太郎もその一人でした。筆名は「鴎外」。『舞姫』や『阿部一族』などを書いたことで有名な作家の森鴎外その人です。

その後、ビタミンが発見され、脚気はビタミンの摂取不足が原因で起こることがわかって、西欧では脚気伝染病説が否定されました。ところが、日本では大正時代に入ってもまだ、伝染病説が生き残っていくのです。なぜなら、医学界のエリートたちが自分の誤りを認めようとせず、脚気は伝染病で起こる、とあくまでも主張したためでした。

しかし、村井弦斎はすでに『食道楽』のなかで、「玄米の粥」について書いていました。ヒロインのお登和の兄の中川が、「誰もまだ試みた事のない珍料理で僕の新発明だ」と自慢するのが「玄米の粥」で、これを白米の代わりに食べると脚気にならずにすむ、と説明しています。米を精米する前の玄米には重要な栄養素が含まれていて、それを食べることで脚気が予防できる、とはっきり述べているのでした。現在、玄米は健康食として注目されていますが、百年前にすでに弦斎は玄米を奨励していたのです。

海軍と陸軍で明暗を分けた脚気対策

『食道楽』の新聞連載が終了した1カ月余り後、日露戦争(1904年~1905年)が始まり、日本は約100万人の将兵を動員し、5万人近い戦死者を出します。しかし、この戦争中に、戦死者ではなく、脚気で死亡した将兵は約2万8千人で、入院患者は10万4千人以上いた、と言えば誰もが「まさか」と耳を疑うでしょう。文献によって数字は多少異なりますが、だいたいこれくらいで、決してケタを間違えているわけではありません。

実は、この大量の脚気による死亡者はすべて陸軍からで、海軍からは出ていません。脚気対策として、海軍では白米の兵食をやめて、パンと麦飯に切り替えていたからです。それを推進したのは高木兼寛という海軍軍医ですが、彼は鹿児島医学校で学んだ後、イギリスへ留学したため、当時の日本医学界のエリートコースからは完全に外れていました。

脚気は白米に原因がある、という高木兼寛の主張を、東大閥の医学者たちは嘲笑し、陸軍では白米の兵食を変えようとはしませんでした。その挙げ句に、戦死ではなく、脚気という病気で大量の兵士を死なせてしまったのです。彼らは、学閥の弊害で命を落した、ともいえるでしょう。

その責任を問われるべき中心人物の一人が、明治の文豪・森鴎外だったことはあまり知られていません。この脚気論争がきっかけで、村井弦斎はその後、食物と病気の関係について、独自の研究を重ねていくのです。

海軍から脚気をなくした高木兼寛(松田誠『高木兼寛の医学 III』より)

著者プロフィール

黒岩 比佐子(くろいわ ひさこ)

ノンフィクションライター。1958年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、PR会社勤務を経てフリーに。『「食道楽」の人 村井弦斎』(岩波書店)で2004年度サントリー学芸賞を受賞。主な著書に『音のない記憶--ろうあの天才写真家 井上孝治の生涯』(文藝春秋)、『伝書鳩--もうひとつのIT』(文春新書)、『日露戦争 勝利のあとの誤算』(文春新書)がある。2007年12月に最新刊の『編集者 国木田独歩の時代』(角川選書)と『食育のススメ』(文春新書)を出版。2008年8月「歴史のかげにグルメあり」(文春新書)を出版。
古本好きで毎週のように神保町に通い、4年前から古本に関するブログ「 古書の森日記 」を公開中。

※ 著者は2010年11月17日、逝去されました。